LB工法(マンホール・ハンドホール鉄蓋のメンテナンス工法)

カッターを使用しない、国内初の「円形せん断」によるマンホール蓋取り替え・ 高さ調整工法です。

LB工法
全国LB工法協会のページへ
 ○NETIS登録番号:KK-980077-VE
お問い合せ・資料請求・見積依頼
構造

手動式油圧リフターを使用してマンホール受枠を低騒音で撤去する工法です。
施工が早く、コンパクトな施工で一般交通に与える影響や、周辺環境に与える影響を軽減します。

↑ページの先頭へ戻る

特徴

マンホール鉄蓋受枠の嵩上げ、嵩下げ、あるいは交換工事において、カッターを用いての切断作業、路面の破砕を必要とせず、手動式の油圧器械(フレームリフター)を用いて、鉄蓋受枠を直接路面から引き上げることにより撤去し、専用機材による鉄蓋受枠の設置、効率の良い施工工程により標準2時間で交通開放を可能とする、鉄蓋受枠の維持管理の為の工法です。

○早い!
施工全工程、受枠撤去から交通開放まで2時間で完了。
交通規制時間を最小限に…。
○静か!
フレームリフターは、手動式の油圧ジャッキを使用しているため、受枠撤去作業はほとんど人力で行い、非常に静かに施工がおこなえます。
○コンパクト!
円形に施工するため廃材が少ない。
フレームリフター含め、専用資機材が小規模であるため、2tユニック、2tダンプで施工が可能、機動力に優れ、交通規制範囲を最小限にすることができます。
LB工法工程断面 拡大表示
フレームリフターのスゴイとこ 拡大表示 スパイダーのスゴイとこ 拡大表示

↑ページの先頭へ戻る

工程

鉄蓋を取り外した後、遮断プレートを取り付けます。

フレームリフターを設置し、3基のジャッキを使って路面から受枠を引き上げます。

フレームリフターを移動。受枠ごと路面より撤去します。

・特殊な技術を必要としません。
・受枠撤去時に、騒音、粉塵、ノロが発生しません。

開口部破断面の修整、調整モルタルの除去、清掃をします。

受枠にスパイダーを取り付けます。

スパイダーを路面にセットし、内型枠を取り付けます。

・スパイダーは、路面に設置するだけで周辺との高さ調整が完了します。
・水糸などによる高さ微調整の作業は不要です。

GMモルタルを混練りし路面の高い方から流し込みます。

特殊常温合材を用いて、表層材を仕上げる。

硬化確認後、交通開放。

・GMモルタルは流動性が高いため、小さい隙間への充填も可能。
季節によって3種類用意し、オールシーズン均一な施工が可能。(標準30分で硬化)
・表層材は、3.0~5.0㎝厚施工のクイックアスコン、MSKレファルト、1.5㎝厚施工のMSKエマルジョンの3種類を用途目的に応じて準備。 それぞれ標準30分で硬化。

↑ページの先頭へ戻る

使用材料
GMモルタル クイックアスコン MSKレファルト MSKエマルジョン GMファイバー

GMモルタル

クイックアスコン

MSKレファルト

MSKエマルジョン

GMファイバー

↑ページの先頭へ戻る

  • 図面ダウンロード
  • 【LB工法
  •  
  •  
  • 図面ダウンロード
  • 【LB工法】
  • ・カタログ (PDF:5.7MB)
  • ・LB工法のご提案 (PDF:1.0MB)